東京都日本橋フォトスタジオPhoto Graphicoでは企業様向け広告,宣材,オーディション,プロフィール撮影,婚活,マタニティ,終活,家族写真,マッスルフォト等々のスタジオのみならず出張での撮影も行なっております。

親切丁寧な対応をモットーにお待ちしております!

↓詳しくはこちら!

https://photographico.co.jp/photoshooting/

 

お疲れ様です!

プロカメラマンや写真家はもちろんのことカメラが趣味という方にも普及しているAdobeの写真編集ソフト

その中でもCreative Cloudで格安な毎月定額フォトプランを契約している方々も多いはず。

月々わずか1000円程度で常に最新のPhotoshopとLightroomが使用できるのです!

以前はPhotoshopを購入するにも15万円前後だったっけな?!とにかく一回で買うにはちょっと躊躇するような価格でした。

さらに数年に1回はバージョンアップしてまた買い換えないと!!といった具合に。

ところが今は毎月安い定額で2つのソフトが使用できるようになり、玄人受けするPhotoshopもだいぶ普通の人にも浸透してきました。

しかしせっかくフォトプランを契約してもどちらかしか使わないって方本当に多いのです。

もったいないです。

 

実は自分もLightroomが出る前からPhotoshopをずっと使用してきていたのでLightroomはあまり使用しない方でした。

(多くの方々はこの逆でPhotoshopを使用しない人が多いようですが。)

しかしわざわざパッケージとしてこのソフトを売り出しているのですから連携させて使用するとより効率的に!そしてクオリティもあがるというわけです。

Adobeさんもこの連携に関してあまり啓蒙ができていないような気もするのですが気のせいでしょうか?

 

そのPhotoshopとLightroomを連携をさせるにはそれぞれのソフトの特徴、メリット、デメリットを知る必要があります。

このブログでそのそれぞれの特徴、メリットを何回かに分けて書いてゆきたいと思います。

 

まずはPhotoshopから。

PhotoshopでできるけどLightroomではできないこと。

その1

レイヤーを使用した機能とりわけ合成

言わずもがなの合成画像を作る!といえばPhotoshopですね。

これはレイヤーといった画像が乗った透明のフィルムを重ね、それを上から透かして見ているような。そうアニメのセル画みたいなイメージです。

この構造があって合成画像が成立しています。

またこの構造で画像を編集することによる色情報の破壊を防ぐ役目もしています。(非破壊)

Lightroomではこのレイヤーの構造はありません。

(Lightroomも非破壊ですがレイヤー構造ではない別の考え方で非破壊としています。)

↓レイヤーの構造はこのレイヤーパネルで確認できますね。

 

 

その2

フィルター機能

このフィルター機能は画像を変形させたりボカしたり、逆にシャープにしたり、油絵のような雰囲気に変えたりといった様々な画像装飾に関する機能が詰まっているメニューです。

このフィルターメニューの凄さと豊富さが何と言ってもPhotoshopの売りの一つでもあるといえます。

↓ここですね!

 

とりわけ変形においてはこの「ゆがみツール」は人物でいえば輪郭を細くしたり、目の大きさを変えたりと細かく、かつ大胆に全くの別人と変えてしまうことが簡単に誰でもできます。

こんな感じに!

↓Before

↓After

 

こんな感じで全ての顔のパーツを片方ずつ大きさを高さや幅、角度も変えることができます!

まるで別人!

でもこれってすぐに見慣れてしまうのでやりすぎに注意!!

 

Lightroomでは流石にこれは不可能ですよね。

こうした画像にドラスティックに装飾を加える機能は非常に多いのがPhotoshopでもあります。

 

まだPhotoshopの優位性はあるのですがそれは次回に!!

 

 

PhotoshopやLightroomのセミナー!

撮影に関するセミナーを行なっています。

https://photographico.co.jp/seminar/