東京都内日本橋フォトスタジオPhoto Graphicoでは企業様向け広告,宣材,オーディション,プロフィール撮影,花魁体験撮影,婚活,家族写真等々のスタジオのみならず出張での撮影も行なっております。

就活用の証明写真撮影もぜひお気軽にご相談ください!

親切丁寧な対応をモットーにお待ちしております!

↓詳しくはこちら!

https://photographico.co.jp/photoshooting/

 

↓また花魁体験撮影はこちらのサイトから!

https://www.oiran-photo.com/

 

お疲れ様です!

今日はLightroom豆知識。

写真を管理したり現像したりと非常に便利なLightroomなのですが、同じLightroomでもLightroom Classic・Lightroom CC・Lightroom モバイルこの3つ存在します。

デスクトップで使用するのがLightroom ClassicとLightroom CCです。

今回はこの2つのソフトに関する違いを簡単に。

 

 

 

この2つのアプリの違いが意外と皆さん理解していなかったり誤解をしている方が多いのです。

大きな違いは以下の通りで、以前からあったのがClassicで後発でクラウド上に写真をバックアップして扱うのがCCとなります。

  Lightroom Classic Lightroom CC
デジタルフォトの主な作業場所 デスクトップのみ  デスクトップ、モバイル、web
ファイルのバックアップ ローカルのハードドライブ クラウド
使いやすさ 写真に関する幅広い知識が必要 直観的で簡潔

*adobe ヘルプ参照

機能面ももちろんClassicの方が豊富でCCは簡略化されてます。

特に写真のブラウジングや写真管理の機能がCCのほうはだいぶ省略されているような感じがします。

ClassicにあってCCない機能という面で大きなポイントで簡単に説明すると↓

 

1.フィルター機能が貧弱(カメラの種類程度でしかフィルターがない)

2.比較機能がない

 

「1」は全くもって不便です。

例えばjpgとrawで撮影したデータの選別。

Photoshopへ飛んでレタッチしpsdで保存したものを探したりClassicでは一発でフィルターをかけて表示できますがCCではできない。

「2」では比較セレクトできないので仕事になりません。

同じシーンで撮影した画像を微妙な違いでセレクトすることが多々あるのですが、候補を複数同時に表示して違いを確認して最終セレクトを行うことがよくあります。

時にクライアントと一緒に画像を選ぶのに当たってこれがないと話にならない!

 

現像機能の方はCCでも極端に劣るところはあまりないのですが、大きな違いはコレクション機能がCCには無いということでしょうか。

(あまり自分はコレクションを使っていないので不便さは無いのですが。)

それとこれは意外にでかい!CCには”ヒストリー”が無いというところでしょうか。

 

どちらにしろCCの大きな売りで特徴であるクラウドでの保存機能を活用するか否かでどちらにするかの選択基準となると思います。

自分は?!というとやはりClassicの方が機能が豊富で使い勝手は良いのでメインはやはりClassicで今後もそうなるかと思います。

 

LightrooとPhotoshopの使い方をマスターしたい方のセミナーは↓

https://photographico.co.jp/seminar/